top of page

4番が届かない!


  • 4の小指が届かない!

  • 音程がいつも低くなってしまう…


そんな悩みを抱えてらっしゃる方、いませんか?



私は子供の時に自分が無理して伸ばしていることに気付かず、大きくなって曲が難しくなって来た時に弾けない…という壁にぶつかりました。


そして分析の結果、小指を無理して取っているから速いパッセージが上手く弾けなかったり、4の指にヴィブラートがかけにくかったりしたんだと気付きました。


どんなに小さい手、短い指の方でも4の指を無理なくとれる「自分にあった形」を見つける方法を簡単にまとめたので、是非楽器を手にとって試してみてください◎



まずは1〜4の指を全て指板の上に置いてみましょう。

自分の手の形を見つける為のチェック項目は3つです!



  • どの指もリラックスして置けていますか?

手のひらに卵を入れるようなイメージを持ってみましょう。指が突っ張ったり、逆に立てすぎていると卵は割れてしまいますね。



  • 手から腕までが大体一直線になっているでしょうか?手首が出たり、引っ込んだりしていませんか?

自分の手から腕までが一直線になっているか良く分からない…!という方は、まずヴァイオリンを下ろし、エアでヴァイオリンを構える形をしてみましょう。


ゆらゆらと肘を左右に揺らしてみて、段々と振れ幅を減らしていくときっと自然な場所に落ち着くはずです。


心地よい状態を見つけたら左手はそのままで、右手でヴァイオリンを持ち、左手の上にヴァイオリンを置いてあげます。心地よい状態は変わっていませんか?



  • 親指はネックを握りしめていませんか?

1〜4の指は指板に置いたまま、親指で円を描いてみましょう。滞りなく柔軟に回せますか?




いかがでしたか?「自分にあった手の形」を見つけられたでしょうか?

 

練習時間が取れてないから弾けないんだ…手が小さいから届かないんだ…

それは要素の1つではあるかもしれませんが、いくらでもカバー出来る物です。

音を出せない時間にだってこうやって手のフォームは確認出来るし、手の大きさは「自分にあった形」さえ見つけてしまえばなんの障害にもなりません。


実際のレッスンでは、生徒さんの手や体の状態を見ながらよりあなたに適したアドバイスを出来るので、もしご興味を持っていただけた方はまずは体験レッスンをお申し込みください。


楽に無理なく弾けるようになって、より楽しく音楽をしましょう!



レッスンのお問い合わせ


Academy Customize⁡

9:00~20:00⁡


電話: 070-8414-4813⁡

閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示

練習の三種の神器

皆さんは練習する際に必要と言われる3つのアイテム、ご存知ですか? メトロノーム 録音機 録画機 鏡 これはカール・フレッシュが推奨している、3つのアイテムです。 今日はこの3つのアイテムの活用法や気をつけるポイントをご紹介していきます。 メトロノーム メトロノームは一定の間隔で音を刻んでくれる器具です。 私はヤマハTDM-700Gを何年も愛用しています。 弦の音の高さを合わせる際に必要なチューニン

耳の訓練

今日はヴァイオリンを弾く上でとても大切で、かつ左右のテクニックに必死になると忘れてしまいがちな「耳の訓練」のお話です。 みなさんは練習する時に、空間に響いている音に意識が向いていますか? 「自分の近くの音」ではなく「遠くで聴こえている音」を聴くイメージを持てるだけで、音のクオリティは飛躍的に向上します。 遠くに音を届ける 解放弦と同じ音を全ての指で弾く 遠くに音を届ける 練習し始める前にお部屋の自

体全体も楽器として鳴らすために

みなさん、楽器をいかに鳴らすかはよく考えることだと思います。 でも弾いている体が縮こまっていたりバランスが崩れていたら、楽器を鳴らしきる事は難しいでしょう。 そこで今日は、体と楽器が一体となって最大限音を鳴らす為の意識のアイディアとその練習法をご紹介します! 後ろの意識 後ろを意識する練習方法 バランスよく立てているか 良いバランスを見つける練習方法 後ろの意識 前ばかりでなく、後ろにも意識がい

bottom of page