top of page

弓が震える!を解決する


ヴァイオリン弾きなら1度は経験がのある「弓が震える…!」

今日は弓が震える原因と対策を考えてみたいと思います。




・原因

なぜ弓が震える状態が起きるのでしょうか。


自身の経験から、人前で弾く時など緊張した時に震えたことが多いように思います。

では緊張した時と通常時は何が違うのでしょうか。


精神の状態はもちろん違いますね。

また体は固まり、筋肉が収縮した状態になります。


肩甲骨からうまく動かせなかったり、手首や肘、指の関節が固まったり、膝が曲がらず、突っ張ったように感じたりします。


右手が弓を「持っている」状態になった時、弓は弦の上でバウンドを始めます。

簡単に言えば「自分の体なのに自分でコントロールできない状態」になった時、人は緊張していると感じるのではないでしょうか。



・対策

ということは、人前でも身体が固まる状態、自分の体をコントロールできる状態を維持できれば、弓は震えず、緊張していると感じにくいのではないかという仮説が立ちます。


そもそも通常時でも、自分の体をコントロール出来てると言い切れる人は少ないのではないでしょうか。

手首を柔らかくしましょう、肩甲骨から弓は動かしましょうとレッスンで言われたこと、ありませんか?


つまり緊張した時の対策のみをしていても、弓の震えは抑えられません。

日頃から全ての関節が自由に動ける状態で弾くこと、そして弓を「持つ」のではなく弦に「乗せる」状態で弾くこと。

それこそが最大の対策ではないかと考えます。


そして、その状態で弾けていたら楽器をもっともっと鳴らして、倍音を多くだし、より魅力的な音で弾くことができるのです。



・練習方法

そもそも弓を弦に「乗せる」感覚がよくわからない!

弓を「持つ」って当たり前じゃないの?


そんな声が聞こえてきそうなので、具体的な練習法を1つご紹介します。


1. 弓元をA線に置きます。

2. 親指を離して、弓の木の部分と同じくらいの高さにします

3. そのままE線からG線まで行ったり来たりしてみましょう


いかがですか?

弓を落とすのが心配な場合は、絨毯やラックなど落としても差し支えのない場所で行ってください。


余裕だった!という方は親指を離したまま先まで弓を動かし、元に戻ってくるロングトーンの練習もしてみてくださいね。



・まとめ

本日は弓の震えるを解決する!をテーマに原因と対策を考察し、練習方法をご紹介しました。

レッスンではあなたの体の状態を見ながらより具体的なアドバイスをしますので、ご興味がありましたらまずは体験レッスンからお申し込みください。



レッスンのお問い合わせ

Academy Customize⁡

9:00~20:00⁡


電話: 070-8414-4813⁡

閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示

練習の三種の神器

皆さんは練習する際に必要と言われる3つのアイテム、ご存知ですか? メトロノーム 録音機 録画機 鏡 これはカール・フレッシュが推奨している、3つのアイテムです。 今日はこの3つのアイテムの活用法や気をつけるポイントをご紹介していきます。 メトロノーム メトロノームは一定の間隔で音を刻んでくれる器具です。 私はヤマハTDM-700Gを何年も愛用しています。 弦の音の高さを合わせる際に必要なチューニン

耳の訓練

今日はヴァイオリンを弾く上でとても大切で、かつ左右のテクニックに必死になると忘れてしまいがちな「耳の訓練」のお話です。 みなさんは練習する時に、空間に響いている音に意識が向いていますか? 「自分の近くの音」ではなく「遠くで聴こえている音」を聴くイメージを持てるだけで、音のクオリティは飛躍的に向上します。 遠くに音を届ける 解放弦と同じ音を全ての指で弾く 遠くに音を届ける 練習し始める前にお部屋の自

体全体も楽器として鳴らすために

みなさん、楽器をいかに鳴らすかはよく考えることだと思います。 でも弾いている体が縮こまっていたりバランスが崩れていたら、楽器を鳴らしきる事は難しいでしょう。 そこで今日は、体と楽器が一体となって最大限音を鳴らす為の意識のアイディアとその練習法をご紹介します! 後ろの意識 後ろを意識する練習方法 バランスよく立てているか 良いバランスを見つける練習方法 後ろの意識 前ばかりでなく、後ろにも意識がい

bottom of page