top of page

5度の和音をとるコツ

5度の和音、音程が合わないなと感じたことありませんか?

以下のチェックポイントを確認して、綺麗に鳴らない要素を1つずつ取り除いていきましょう!



  1. 指を平らに置く

  2. 指の角度を調節

  3. 弓の毛のバランスをチェック

  4. まとめ



指を平らに置く

当然ではありますが1つの指で2つの弦を押さえなければいけないので、いつもよりも指を平らにする必要があります。


沢山指のお肉を弦につけるイメージで押さえてみましょう。



指の角度を調節

指の角度をいつもより弦に対して垂直に押さえる必要があります。

色々と角度を試して、ベストな角度を見つけましょう◎



弓の毛のバランスをチェック

意外と抜け落ちてしまうのが、このポイントです。

5度は普段と異なる左指の押さえ方をする為に、右手がおざなりになってしまいがち。


でも、2つの弦にバランス良く弓の毛が付いていないと仮に左手が正しい音程を押さえていても、綺麗には鳴ってくれません。



まとめ

今日は5度の和音をきれいに鳴らすコツをまとめてみました。

ぜひ1つずつチェックしてみてください!



レッスンのお問い合わせ

Academy Customize⁡

9:00~20:00⁡


電話: 070-8414-4813⁡




閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

練習の三種の神器

皆さんは練習する際に必要と言われる3つのアイテム、ご存知ですか? メトロノーム 録音機 録画機 鏡 これはカール・フレッシュが推奨している、3つのアイテムです。 今日はこの3つのアイテムの活用法や気をつけるポイントをご紹介していきます。 メトロノーム メトロノームは一定の間隔で音を刻んでくれる器具です。 私はヤマハTDM-700Gを何年も愛用しています。 弦の音の高さを合わせる際に必要なチューニン

耳の訓練

今日はヴァイオリンを弾く上でとても大切で、かつ左右のテクニックに必死になると忘れてしまいがちな「耳の訓練」のお話です。 みなさんは練習する時に、空間に響いている音に意識が向いていますか? 「自分の近くの音」ではなく「遠くで聴こえている音」を聴くイメージを持てるだけで、音のクオリティは飛躍的に向上します。 遠くに音を届ける 解放弦と同じ音を全ての指で弾く 遠くに音を届ける 練習し始める前にお部屋の自

体全体も楽器として鳴らすために

みなさん、楽器をいかに鳴らすかはよく考えることだと思います。 でも弾いている体が縮こまっていたりバランスが崩れていたら、楽器を鳴らしきる事は難しいでしょう。 そこで今日は、体と楽器が一体となって最大限音を鳴らす為の意識のアイディアとその練習法をご紹介します! 後ろの意識 後ろを意識する練習方法 バランスよく立てているか 良いバランスを見つける練習方法 後ろの意識 前ばかりでなく、後ろにも意識がい

bottom of page