top of page

移弦をスムーズにする

移弦をスムーズにするのは難しいですよね。

原因は1つではないと思いますが、考えられる原因の1つに「指の関節をブロックしている」事が挙げられます。


指の関節が自由に伸び縮み出来ない状態だと細かな動きや滑らかな動作が出来ず、移弦の時に雑音がしてしまうでしょう。


今日はそんなお悩みを解決する練習アイディアをご紹介します。





右手でグーパー

まずは弓を持たずにむすんでひらいて…これは問題なく出来ますね◎



弓を床と垂直にして曲げ伸ばし

弓を床と垂直にして持ち、先程と同じように指の関節を曲げ伸ばしします。

弓先が天井に向くように弓を持ちましょう。


もちろん完全にパーにしてしまったら弓は落ちてしまいます…!

ただ、指の関節が十分に曲げたり伸びたり出来ているかチェックしましょう。



弓を床と平行にして曲げ伸ばし

弓を床と平行にして持ち、同じように指の関節を曲げ伸ばしします。

親指も他の指も、全ての指がきちんと曲げたり伸ばしたり出来ていますか?



まとめ

いかがでしたか?

これはカール・フレッシュのUrstudienにて紹介されている練習です。

気になるかたは是非チェックしてみてくださいね。



レッスンのお問い合わせ

体験レッスンのお申し込みはこちらから


Academy Customize⁡

9:00~20:00⁡


電話: 070-8414-4813⁡



閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

練習の三種の神器

皆さんは練習する際に必要と言われる3つのアイテム、ご存知ですか? メトロノーム 録音機 録画機 鏡 これはカール・フレッシュが推奨している、3つのアイテムです。 今日はこの3つのアイテムの活用法や気をつけるポイントをご紹介していきます。 メトロノーム メトロノームは一定の間隔で音を刻んでくれる器具です。 私はヤマハTDM-700Gを何年も愛用しています。 弦の音の高さを合わせる際に必要なチューニン

模範演奏動画

先日「学校でピアノを弾かなければいけなくなったのですが、模範演奏動画をお願いできないでしょうか」とのお問い合わせがありました。 短期間で曲を仕上げなければいけなくなった時、またYouTubeを探しても模範演奏がない時、どのように譜読みを進めていいかわからなくなってしまいますよね… 今回模範演奏を撮影してくださったのは、ウィーン在住の佐野晃大先生! 左手のみ 右手のみ 両手 3パターンの動画を撮影し

bottom of page