top of page

ソルフェージュ

ヴァイオリンを始めて7ヶ月になる中学生の女の子、Sちゃん。

始めは楽譜を読むのに時間がかかっていましたが、スズキの教本に加えソルフェージュのテキストを使うことで少しずつ譜読みが速くなってきました。


使用しているのは「子供のためのソルフェージュ 1a」


  1. ヴァイオリンで弾く

  2. 拍をたたきながら歌う


この順番で練習していると少しずつ音程が取れるようになり、スズキの教本の新曲も問題なく譜読みができるようになりました!


アカスタではソルフェージュのレッスンも受講可能です。

楽譜を読む力を育てると、楽器のレッスンの進度も格段に速くなるのでぜひご検討くださいね。




レッスンのお問い合わせ

体験レッスンのお申し込みはこちらから


Academy Customize⁡

9:00~20:00⁡


電話: 070-8414-4813⁡


閲覧数:30回0件のコメント

最新記事

すべて表示

レッスンのテーマ

今日はヴィブラートを強化する!とテーマを決めて30分のレッスンを受けてくださった生徒さん。 「テーマが決まっていると、こんなにも充実度が違うんですね」とおっしゃってくださいました。 毎週60分レッスンでは曲を、30分レッスンでは音階とエチュード、バッハを聴かせてくださる生徒さんもいます。 強化したいテクニックや曲によってレッスンのコマを分けると、講師も受講生も目的が明確になってより有意義なレッスン

ヴァイオリンを始めるきっかけ

2023年春に体験レッスンを受講され、毎週横浜教室でレッスンを受けてくださっている大人の生徒さん。 「どうしてヴァイオリンを始めようと思われたんですか?」と伺うと 「実は娘が受験生で。何も手伝ってあげられないけど、どうにかエールを送りたくて、自分も新たなことに挑戦したいと思ったんです。」 今までヴァイオリンを始めるきっかけを色々な方に伺ってきましたが、初めて聞く理由に胸が熱くなりました。 応援ソン

Commenti


bottom of page