top of page

左手を柔軟にする

更新日:2月15日

ポジション移動やヴィブラートがスムーズに出来ない、そんなお悩み抱えていませんか?

今日はそんなお悩みを解決する、左手の動きを柔軟にする練習法を紹介します。


この練習はヴァイオリンのみを用いて行います◎

弓は使用しません。



  1. 1〜4の指を軽く指板の上に置き、手首をヘッドの方に出します

  2. 次に手首を自分の方に引っ込めます

  3. 肘を内側へと伸ばします

  4. 肘を外側へと伸ばします

  5. 上の4つの動きの地点を通るように腕を回します

  6. 時計回り/ 反時計回りに回してみましょう。


肩甲骨から動いていることを意識しましょう。右手で自分の肩甲骨を触りながらやってみると、より分かると思います.。



出典: みるみる音が変わる! ヴァイオリン骨体操 共著 矢野龍彦/遠藤記代子 音楽之友社



レッスンのお問い合わせ

体験レッスンのお申し込みはこちらから


Academy Customize⁡

9:00~20:00⁡


電話: 070-8414-4813⁡

メール: contact@acamize.com

閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示

練習の三種の神器

皆さんは練習する際に必要と言われる3つのアイテム、ご存知ですか? メトロノーム 録音機 録画機 鏡 これはカール・フレッシュが推奨している、3つのアイテムです。 今日はこの3つのアイテムの活用法や気をつけるポイントをご紹介していきます。 メトロノーム メトロノームは一定の間隔で音を刻んでくれる器具です。 私はヤマハTDM-700Gを何年も愛用しています。 弦の音の高さを合わせる際に必要なチューニン

耳の訓練

今日はヴァイオリンを弾く上でとても大切で、かつ左右のテクニックに必死になると忘れてしまいがちな「耳の訓練」のお話です。 みなさんは練習する時に、空間に響いている音に意識が向いていますか? 「自分の近くの音」ではなく「遠くで聴こえている音」を聴くイメージを持てるだけで、音のクオリティは飛躍的に向上します。 遠くに音を届ける 解放弦と同じ音を全ての指で弾く 遠くに音を届ける 練習し始める前にお部屋の自

体全体も楽器として鳴らすために

みなさん、楽器をいかに鳴らすかはよく考えることだと思います。 でも弾いている体が縮こまっていたりバランスが崩れていたら、楽器を鳴らしきる事は難しいでしょう。 そこで今日は、体と楽器が一体となって最大限音を鳴らす為の意識のアイディアとその練習法をご紹介します! 後ろの意識 後ろを意識する練習方法 バランスよく立てているか 良いバランスを見つける練習方法 後ろの意識 前ばかりでなく、後ろにも意識がい

Comentarios


bottom of page