top of page

体全体も楽器として鳴らすために

みなさん、楽器をいかに鳴らすかはよく考えることだと思います。

でも弾いている体が縮こまっていたりバランスが崩れていたら、楽器を鳴らしきる事は難しいでしょう。

そこで今日は、体と楽器が一体となって最大限音を鳴らす為の意識のアイディアとその練習法をご紹介します!





後ろの意識

前ばかりでなく、後ろにも意識がいっていますか?

ヴァイオリンも弓も自分の前にあるから、意識が前に行くのは当然。


でも例えば背中の左側だけが前に出ていたり、体をひねった状態は音を鳴らす妨げになってしまいます。



後ろを意識する練習方法

①寝っ転がって弾いてみましょう。


自然に背中が床にリラックスした状態でヴァイオリンを弾いてみましょう!

この時音が汚くなったり、鳴らせないのは当然なので問題ありません。


背中に意識を向けてヴァイオリンを弾き始めた時の背中の状態を感じてみましょう。



②次に、壁に背中を付けて弾いてみます。


どうですか?背中の感覚は変わったでしょうか…?



①②の練習は弓の先が床や壁に当たってしまわないように、十分気をつけてください。


全弓は使えないはずです。



③上の2つの練習が出来たら、普通に弾いてみます。


背中がリラックスして、体をひねっていない感覚を感じられますか?



バランスよく立てているか

日常生活で「自分はバランスよく立てているだろうか」と意識することはあまりなく、無意識にバランスを保っていると思います。

でもヴァイオリンを弾いている時はどうでしょう…?


足と地面はどのように触れているでしょうか?

重心は足の裏のどのあたりにありますか?



良いバランスを見つける練習方法

①屈伸しながら弾いてみる


膝を曲げたり伸ばしたりしながら弾いてみましょう。

始めは大きく上下に動かし、徐々にその幅を狭めていきます。


どうですか?心地いいバランスが見つけられましたか?



②片足で立ちながら弾いてみる


まずは楽器を構えずに片足で立ってみましょう。

意外とこれだけでも難しい方もいるかもしれません


それが出来たら、今度は片足で立ちながらヴァイオリンを弾いてみます。

どうですか?バランスを保ったまま弾けましたか?



レッスンのお問い合わせ

体験レッスンのお申し込みはこちらから


Academy Customize⁡

9:00~20:00⁡


電話: 070-8414-4813⁡




閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示

練習の三種の神器

皆さんは練習する際に必要と言われる3つのアイテム、ご存知ですか? メトロノーム 録音機 録画機 鏡 これはカール・フレッシュが推奨している、3つのアイテムです。 今日はこの3つのアイテムの活用法や気をつけるポイントをご紹介していきます。 メトロノーム メトロノームは一定の間隔で音を刻んでくれる器具です。 私はヤマハTDM-700Gを何年も愛用しています。 弦の音の高さを合わせる際に必要なチューニン

耳の訓練

今日はヴァイオリンを弾く上でとても大切で、かつ左右のテクニックに必死になると忘れてしまいがちな「耳の訓練」のお話です。 みなさんは練習する時に、空間に響いている音に意識が向いていますか? 「自分の近くの音」ではなく「遠くで聴こえている音」を聴くイメージを持てるだけで、音のクオリティは飛躍的に向上します。 遠くに音を届ける 解放弦と同じ音を全ての指で弾く 遠くに音を届ける 練習し始める前にお部屋の自

体の緊張をとく練習

「脱力」ヴァイオリンを習っているとよく聞くワードですが、厳密には必要な力と不必要な力があります。 不必要な力を抜く為には、まず自分の身体のどこに力が入っているのか、 そして本当にその部分だけが力んでいるのかをよく観察する事が大切です。 まずは基本の「身体の緊張をとく為の練習」をしてみましょう。 この練習はカトーハヴァシュ氏の『「あがり」を克服する』を参考にしています。 ①左手を頭の上に持ち上げ

Comments


bottom of page