top of page

反抗期

誰にも一度は訪れる反抗期。

親や先生に言われる一言にいらいらしたり、漠然とした焦燥感にかられて勉強や練習が手につかなかったりしたりしますよね。


私も中学生の時はひどい反抗期で、練習中、先生に指摘されたことを母に言われると「ならお母さんが弾いてみてよ!」と言ってしまったり、練習が嫌になって楽器を投げ出して寝てしまったりしました。


今日は私の実体験を紹介します。

中高生のお子さんを持つ親御さんの、お子さんとの距離感を考えるヒントとなれば幸いです。





1. 成功体験が子離れを遅くする

小学生の時は母がレッスンの様子をビデオで撮り、コピー譜に先生に言われたことを書き込んでくれていました。


私は特別才能があったわけではなかったと思います。譜読みの速い子でもなければ、器用なタイプでもありませんでした。

今思えば母がレッスンで言われたことをきちんと習得できるように手厚くフォローしてくれていたからこそ、コンクールで入賞できていたのだと思います。


ところが中学生になると、コンクールに入賞することができなくなっていきました。

すると先生にある日こんな提案をされたのです。


「レッスンに一人で来てみたら?」



当時のことを振り返ると、母はその前から「私がフォローが彼女の成長を妨げているのかもしれない」と感じていたそうです。

しかしフォローしてある程度結果が出ていたという成功体験から、一歩引いたところで子供を見守る勇気が持てなかったとのこと。

特に中学生はとても大切な時期なので、ここで後退してしまったら将来困ることになるという不安があったのだと思います。


ただ先生にレッスンで一人で来ることを提案され、覚悟が決まり、私は一人でレッスンへ行くようになりました。中2の春のことです。



2. 音楽に向き合う姿勢

一人でレッスンを受けると大きな変化がありました。


・格段に集中力が上がった

・音に対する責任感が増した

・自主的に練習方法を考えるようになった


先生にも「一人で受けた方が良さそうですね」と言われたので、外から見ていても大きな変化があったのだと思います。



3. まとめ

小学生の時は、親のフォローが子供の成長を加速させます。

ただ、それでできる成長には限りがあります。


自分で考え、自分で方法を考える。

その力をつけるお手伝いを先生はする。


そうして少しずつ誰かのコピーではなく、「自分の音楽」を確立していけるのだと思います。



レッスンのお問い合わせ

Academy Customize⁡

9:00~20:00⁡


電話: 070-8414-4813⁡








閲覧数:27回0件のコメント

最新記事

すべて表示

子供の音楽性を育てる

本日のレッスンで、生徒さんからこんな質問を受けました。 「子供の音楽性ってどうやったら育つんでしょうか」 私は子育てをした経験がありません。 講師としての経験も3年と、まだまだ浅いです。 そんな私が語れることはないかもしれませんが、せっかく質問をいただいたので自分なりに考えてみました。 本物の芸術に触れる 五感を使う経験をさせる 大人の価値観を押し付けない まとめ 本物の芸術に触れる 生の音を聴く

練習時間を確保する

ヴァイオリンを習う人にとって、1度は課題となる練習時間の確保。 学生さんは勉強や他の習い事との両立 大人の方はお仕事との両立 これに加えて家族との時間、参加しているオーケストラのリハーサルなどがあったら、ヴァイオリンの練習時間を確保するのはなかなか難しいですよね。 とはいえ、毎日コツコツしないと上手くならないのも事実。練習時間を確保できないことにストレスを抱えてしまう方も少なくないのではないでしょ

上達の速い人

同じ時期に始めた生徒さんでも、進度が異なることは多々あります。 速く上達することが全てではないですが、出来ることならどんどんと技術を習得して、理想の演奏に近づきたいですよね。 進度が速い方と遅い方は何が違うのでしょうか。 練習量、レッスンに通う頻度、先生との相性、色々な要素が考えられますが、その中で一つ、自分次第で変えられることについて今日は書きたいと思います。 それは「習ったことをとりあえず試し

Comentarios


bottom of page